「DHEA」の代わりに「ジオゲスニン」

高血圧の症状と原因

高血圧は初期症状を始め、ある程度進行した後も自覚症状が無いことが特徴的です。

 

決定的な症状が出るまで高血圧だと分からず発見が遅れることが多いことも特徴的です。

 

しかし、わずかながらも早い段階において「頭痛」や「眩暈」を感じることもあり
自分の体の変化に敏感になっていれば。今までの体と違う感覚があることに気付けることもあります。

 

また、かなり進行した状態になってきてからは
頻尿・夜間尿や、主に足のむくみ・しびれが起こり始めます。

 

その頃になると血圧が高いだけでなく。腎臓などの各器官にも不調をきたし始めているため
それらの症状の相談で医療機関を訪れた際に、発覚することも珍しくありません。

 

最も深刻な合併症が動脈硬化であり、
それによって、息苦しさや胸部の痛みを感じることもあります。

 

血流が悪くなることによって、「コリ」や「むくみ」が起こりやすくなりますが
仕事が忙しい年代でもあり、健康問題なのか・疲労が原因なのか分からないことも多いです。

 

ほんのささいな症状しか現れないため、発覚が遅れる傾向のある高血圧ですが
階段の上り下りなどの、今まで繰り返してきたことに対し
息苦しさやなどを覚えた際は、疑ってみる必要があります。

 

疑うことが、最も大切な「予防」の1つでもあります。

 

定期的な健康診断や、医療機関を訪れた際
血圧を測ることは一般的であるため、高血圧が発覚する機会は少なくありません。

 

しかし、健康診断を受ける機会があまり無い人や
依然から高血圧の「傾向」があり、食生活の改善ができていないという人は
常に自分の体に調子に関して、敏感になっておく必要があります。

 

高血圧を招く要因

 

血圧が高い状態である「高血圧」

 

また低い状態である「低血圧」

 

いずれにしても、はっきりとした根本原因は分かっていないことが現実です。

 

しかし年をとるにつれて、「常に高い状態」へと以降して行く変化は
それまでの生活習慣が影響していることには、間違いありません。

 

生活習慣が招く疾患は、基本的に「悪い習慣」の継続によってもたらされます。

 

その結果が、「中高年になって」現れるのです。

 

高血圧の症状は、「一次性(本能性)高血圧」と
「二次性(続発性)高血圧」の2つに別れます。

 

そしてほとんどの高血圧症状は、「原因不明」である一次性(本能性)高血圧となっています。

 

原因不明と言っても、血圧が上昇するきっかけとして

  • 血管の劣化
  • 塩分の過剰摂取
  • 栄養過多
  • ストレス

 

以上が主な要因になるということは分かっています。

 

老化によって、血管が衰えていくことは仕方がないことですが
単に「弱くなる」だけでなく、血管の壁が厚くなり
血液が流れる部分が細くなっていることが最も重大です。

 

一般的に「動脈硬化」と呼ばれている、この症状のために
強い力で血液を押し出す必要があり、その結果血圧が上昇することは自然なことです。

 

血圧を上げる要因の、代表とも言える「塩分」ですが
その過剰摂取によって、血圧が上がる仕組みには「浸透圧」が関わっています。

 

血液中の浸透圧を保つための働きが、過剰摂取によって上昇した
「ナトリウム濃度」を抑えるため、血液を中心とした体液の量を増やそうとします。

 

血液の量自体が増えることも、血圧上昇の直接的な要因です。

 

この働きは、主に腎臓が指令ととなり作用するため
塩分の過剰摂取は、腎臓へのダメージも増やします。

 

暴飲暴食などによる栄養過多は、高血圧だけでなくあらゆる疾患を招くことにつながります。

 

高血圧の要因で考えた場合、過剰な栄養によって血液の濃度が高まり
いわゆる「ドロドロ」の状態になり、その血液を流れる血管の壁が厚くなります。

 

その結果として動脈硬化の一因になり、血圧の上昇につながります。

 

また栄養過多の結果としての肥満は、体積の量が増えるため
自然と血液量も増え、血を送り出す圧の力が強くなります。

 

動物はストレス状態に陥ると、交感神経が働き興奮状態になります。

 

興奮状態になると、血圧も上昇することになり
一時的ではありますが、心拍数・血流も増大します。

 

しかしストレス状態が慢性的になっていることで、血圧が高い状態が「当たり前」となってしまい
高血圧患者と近い状態になってしまうことになります。

 

二次性高血圧は、他の身体の疾患によって
血圧も影響を受け、その結果血圧が上昇する症状です。

 

主に、血管系や腎臓に関わる疾患によって
血圧にも影響が及び、結果として高血圧になります。

 

また一般的に「妊娠中毒」と呼ばれている症状も、一時的な血圧の上昇であり
妊娠前と変わった女性ホルモンの、バランスによって引き起こされます。

 

以上はあくまで、高血圧を招く典型的な「きっかけ」ですが
女性の場合は、女性特有の別の要因があります。

 

本来、女性の血管は女性ホルモンである「エストロゲン」の作用によって
広く柔らかく保たれていましたが、更年期になると同時に
エストロゲンの減少が始まり、血管が収縮してきます。

 

そのため女性も男性と同じように、高血圧には対して用心しなければなりません。

 

60代女性の半分は高血圧と言われており
男性(6割)と比べても、それほど差がありません。

 

また高血圧と遺伝の関係は、「ある」ということがはっきりしており
その確率も、両親の傾向が顕著に現れています。

 

両親のどちらかが高血圧でも、その子供が高血圧になる確率は高くなり
両親が高血圧の場合は非常に高くなります。

 

心当たりがある人は、より注意が必要です。

page top