「DHEA」の代わりに「ジオゲスニン」

副作用の心配がない血圧を下げる方法

血圧が一定の値を超えた際、また食生活等の改善だけでは症状の改善が難しい

 

と判断された場合には、

 

「降圧剤」と呼ばれる、高血圧の治療薬を投与されることになります。

 

高血圧は、国民病の1つと呼ばれるほどに患者数が多いものであり
降圧剤を利用している人は決して珍しくなく、基本的に年齢と共に増加します。

 

一説によると、高血圧は日本で最も多い「慢性疾患」とも言われています。

 

当然、その治療薬の利用者の割合も大きなものとなるはずです。
(50代で4割、60代で5割以上というデータも)

 

しかしながらこの降圧剤は、慢性的に血圧が高い状態
食生活の改善ではどうにもならない状態にとって、最も効果的である一方で
「副作用」に関して常に懸念されている・度々問題になるものでもあります。

 

降圧剤の副作用

 

降圧剤の主な副作用としては、

  • 頭痛
  • 動機
  • めまい
  • むくみ
  • 便秘
  • 味覚障害
  • 高カリウム血症
  • 痙攣

 

以上が一般的なものと考えられ、更に最近では
「認知症」のリスクを、高めるものことにもつながる疑いあるとされます。

 

また「糖尿病」といった、他の疾患の症状・治療薬によっても副作用に違いが出てくるものであり
また特定の食材との「食べ合わせ」によっても、重篤な症状が懸念されることも懸念されます。

 

「ちぐはぐ」が招く症状

 

そもそも、降圧剤の仕組み・種類としては

  • 体液の浸透圧を調整するもの
  • 自律神経に一定の操作を加えるもの

 

以上の2つが、主なコンセプトになります。

 

@の浸透圧の調整は、根本的な高血圧の原因である
「浸透圧の乱れ」を改善するものであり、「利尿薬」の一種や
カリウム・カルシウムといった、「ナトリウム」以外の成分で「中和」することが目的です。

 

これらは食生活の改善と同じく、体の仕組みを応用したアプローチになりますが
副作用の多くがAの「自律神経へのアプローチ」になります。

 

血圧の上昇は、体の「反応」とも言えるものになりますが
最終的に血圧を決定しているのは、「自律神経」になります。

 

そして、自律神経が血圧を上昇すると判断する際に
分泌されることになる、血圧上昇のきっかけとなる物質を
遮断する成分を投与することで、血圧の上昇を防ぎます。

 

しかしながら、本来であれば「血圧が上昇する状態」であり
それを強制的にやめさせることは、非常に「不自然」なのです。

 

これが、副作用を引き起こす要因となる現象と考えられます。

 

高血圧のリスク・降圧剤の必要性を「半減」させる

 

降圧剤は「薬」であり、血圧を下げるための
最も効率的な手段であることには間違いありません。

 

しかしながら、自然な方法で改善したいと考える人も多く
その際には、やはり「食生活」の内容が大きな鍵になります。

 

更に「塩分を控える」と同時に、血液・血管を綺麗にすることが非常に重要です。

 

血圧の上昇要因は、そのほとんどが「塩分の過剰摂取」であり
更に「慢性的なストレス」になりますが、それに加えて最も大きな要因が「動脈硬化」です。

 

動脈硬化は「血中脂肪」が多いことによって招かれるものでもあり
最終的な血圧の上昇は免れない・自然な現象と言えます。

 

その際に起きていることとは、

  • 血液が汚れていること
  • 血管の質の低下

 

以上の2つであり、1は2の原因にもなります。

 

そのためこの2つを改善することは、高血圧のリスクを半減させることにつながり
また改善するためのアプローチとしては、最も自然なものと言えるのです。

 

動脈硬化の問題はありきたりなものであり、油断している人が多いと思われます。

 

しかしながら血管の改善ほど、体全体の健康リスクの減少に貢献するものはありません。

 

とても大切な考え方なのです。

 

「水分」は取った方がいい?

 

あらゆる健康問題の解決法に関して、「水分をしっかり摂るべき」と言われます。

 

しかしながら、高血圧の問題の際には少し違った見方が必要なものであり
そもそも濃くなった浸透圧を薄めるために、水分を供給することが血圧が上昇するメカニズムの一部でもあります。

 

そのため、一概に「水分を摂取することはいいこと」とは
言えないことが現実でもあります。(その分、排尿・排便が必要)

 

あくまでも、「適切な量」を摂り続けることが重要であり
「飲めば飲むほど薄まる」とは、考えないようにしましょう。

 

降圧剤は「使う必要のない人にも処方されている」ということが、問題になることが多いものです。

 

とは言っても、

 

どの程度で「本当に使うべきか」の判断は難しく、高血圧を改善することの最終目的は

  • 脳卒中
  • 心筋梗塞

 

といった、極めて危険な症状を防ぐことであり
「即死」のリスクを高めるよりは、降圧剤を利用した方がマシであることは確かです。

 

少しでも「使う必要性を減らす」ことが、最も編実的で体にも優しい考え方と言えるのです。

page top