「DHEA」の代わりに「ジオゲスニン」

自律神経と血圧の関係

「自律神経失調症」という症状は、名前だけでも聞いたことがある方が多いと思います。

 

精神病・神経症の一種だと思っている人も多く
実際に症状として、それらと同じ・似た症状が現れることもあり
また原因が重なることもありますが、厳密には違うものであると考されています。

 

また更年期に現れやすく、「更年期障害」の症状の1つとしても捕らえることもあります。

 

「自律神経失調症」の症状

 

私たちの中には、神経の「大元」として

  • 交感神経
  • 副交感神経
  • 以上の2つの神経が存在し

 

それらを合わせたものを、「自律神経」と呼びます。

 

これら2つの、それぞれの働き・役割が
バランスを取れていることで、正常な日常生活が送れるのです。

 

自律神経失調症とは、これらの2つの神経のバランスが
乱れてしまったことによって起きる症状になります。

 

「交感神経」の働き

 

「交感神経」は、主に「動」の機能を果たすものであり
血流・筋肉の動きを活発にする際に機能します。

 

興奮・恐怖といったものを感じ、積極的に体を動かさなければならない時に
「スイッチ」が入り、機敏な活動を取れる体制にします。

 

その際、当然脈拍・血圧は上昇しています。

 

「副交感神経」の働き

 

「副交感神経」は交感神経とは逆に、体を鎮める際に活発になる神経です。

 

呼吸・脈拍とを落ち着かせ、結果的に「心」も落ち着かせる役割があります。

 

主に「寝る前」に活発になるべき神経であり、体をリラックスさせることによって眠りを誘います。

 

「不眠症」等の場合は、この副交感神経にトラブルを抱えていることが考えられます。

 

2つの神経のバランスが乱れた結果としての症状

 

以上の2つの神経は「適時」どちらかが活発に働くことで、適切な状態へと体を保つことになります。

 

これらのバランスによって、形成されている自律神経は

  • 呼吸
  • 脈拍
  • 体温
  • 代謝
  • 内臓の活動
  • 筋肉の活動

 

ありとあらゆる体の機能を司っている神経であり、乱れることによってちぐはぐな症状が出始めます。

 

  • 真冬に汗が止まらなくなる
  • 運動していないのにも関わらず、いきなり脈拍が上昇する
  • 胃酸の量が突然増えて「胃痛」を招く
  • 不眠症
  • 慢性頭痛
  • 過敏性腸症候群
  • 頻尿

 

まさに、更年期障害の症状に似ていますが
これらの症状が「いつ・何が起きるかわからない」ということも、大きな特徴になります。

 

症状として「血圧」の上昇が現れること、そしてこの「予測不能」の症状の1つとして
血圧の上昇である、「高血圧」の症状が見られることがあります。

 

交感神経の働きが常に強く、副交感神経が本来の働きを成していないと考えられます。

 

高血圧には、

  • 原因不明(食生活等の影響)の「一次性(本能性)高血圧」
  • 何らかの疾患(原因が分かっている)による「二次性(続発性)高血圧」

 

以上の二種類が存在します。

 

「自律神経失調症による高血圧」は、「原因不明」という点では前者に近く
また「原因が分かっている」という点では、後者に近く
いずれにしても、根本的な原因である自律神経の異常を解決する必要があります。

 

また必ずしも「高くなる」わけではなく、稀に「低く」なる「低血圧」を招くこともあり
「どちらかに振れやすい」ことが、根本的な問題になります。

 

「自律神経失調症」の原因と改善策

 

「自律神経(交感神経と副交感神経のバランス)」が乱れてしまう
主な原因としては、やはり「ストレス」が最も多いと考えられています。

 

「神経質」な傾向が見られる人は、特にストレスを感じやすく発症しやすいと言われます。

 

ストレスには、仕事にまつわる

  • 人間関係
  • プレッシャー

 

と様々なものが考えられますが、

  • 引っ越しによる環境の変化
  • 人との別れ

 

思ってもみなかったものが、きかっけになる場合もあります。

 

「避ける」もしくは「解消する」しかない

 

ストレスを感じないためには、まず「ストレス要因を避ける」ことがベストですが
なかなか難しいいものであることから、やはり自分なりのストレス発散法を持っておくしかありません。

 

また、

  • 太陽の光
  • 運動
  • 入浴

 

この3つは、どんな人にとってもストレスの緩和につながり神経を鎮める効果が見込めます。

page top