「DHEA」の代わりに「ジオゲスニン」

おすすめの動脈硬化対策アイテム

「生活習慣病」の予防とは、最終的に「動脈硬化」を引き起こさないことが最大の目標と言えます。

 

生活習慣病の症状が、最悪の状態にまで進行した結果として「合併症」という症状につながり
また「即死」にもつながる症状も想定され、多くの場合に「血液」や「血管」が関わっていることになります。

 

各種症状の、初期段階・一般的な症状である

  • 糖尿病によるだるさ
  • 高血圧による動悸
  • 内臓脂肪の増加による肥満体的

 

こういった症状というのは、あくまで「つらい」程度に過ぎませんが
これらの状態が進行することによって、

 

糖尿病であれば「糖尿病性網膜症」

 

高血圧であれば「高血圧性腎症」

 

といった、非常に重い症状が招かれることになり
これらには、「失明」や「人工透析」といったものが伴うことになります。

 

また、最悪の場合には

  • 脳卒中(脳梗塞・くも膜下出血)
  • 心筋梗塞

 

といった、発病が即死につながるおそれもあります。

 

そしてこれらに関わるものが、動脈硬化症であり
血管の壁が硬く・厚くなることで、血液の流れが阻害されていることになります。

 

血液が流れにくい・詰まってしまうことで、その患部となっている場所によって
様々な弊害が現れること、その症状こそ合併症と言えるのです。

 

動脈硬化が起きてしまったら

 

動脈が硬化してしまう状態は、基本的に”「起こさない”ことが重要であり
何よりも「予防」が大切なことは、全ての生活習慣病に共通することでもあります。

 

しかしながら、すでに起きてしまった・傾向の見える状態に陥ってしまっている状態は
年齢を重ねるごとにリスクが高いものであり

  • 血糖値
  • 血中脂肪

 

といった数値に比例するものと言えます。

 

これらは、血液の状態を悪化させる主要要因であり
高血糖・高脂血症(脂質異常症)は、動脈硬化を引き起こす典型的な症状と言えます。

 

そういった状態に陥ってしまった場合に、合併症・危険な急性症状を予防するためには

  • 血液の状態を正常化すること
  • 血管を柔らかくするための働きかけ

 

これらに対し、可能な限り働きかけるしかありません。

 

昨今の健康ブームの中心とも言える、「油」に関するアイテムは
DHA・EPAといったオメガ3と呼ばれる脂肪酸を中心としたアイテムであり
それだけ血液の質が重要であることが、浸透してきた証でもあります。

 

生活習慣病のトータルケアの本命アイテム「ヘルスオイル」

 

このサイトで紹介する「ヘルスオイル」に関しても
他のアイテムと同じく、油(オイル)が中心となっているアイテムになります。

 

しかしその存在は、他のサプリとは一線を画すものです。

 

その最大の特徴は、

 

「動脈硬化を予防できる」唯一の医薬品

 

である点と言えます。

 

「サプリ」というのはあくまで「食品」であり、予防や改善を保証されたものではありません。

 

一方で「ヘルスオイル」は、サプリではなく「医薬品」であり
医師の処方が必要ないアイテムとしては、最高峰とも言えるものになります。

 

段階別の適格な働きかけができる成分を配合

 

「ヘルスオイル」は、「悪玉コレステロール(LDL)」が原因となって起きる
「高コレステロール血症」という症状による、血管の劣化の改善に働きかけます。

 

血管が硬化してしまうまでには、様々な要因・段階が存在しますが、
ヘルスオイルに配合されている成分は、それぞれの要素に細かく働きかけることができます。

 

まずは、そもそも動脈硬化を引き起こすことになる
コレステロールを低下させ、更に脂質の沈着を防止します。

 

更に血流の流れを促すことで、劣化してしまった血管を修復することにつなげます。

 

「ヘルスオイル」に含まれる成分は、非常にシンプルです。

 

しかしながら上記した各段階への効果に対し、特化した成分を配合しており
そのどれもが、一般的サプリには配合されていない貴重なものと言えます。

 

非常に論理的・効率的なアプローチができるアイテムです。

 

そして、その価格に関しても注目するべきであり
「初回1,900円(2回目以降4,500円)」という価格設定は
他のアイテムに比べて同程度であることから、まず検討する価値のあるアイテムと言えます。

 

「前兆」を絶対に放置しないこと

 

最近”なんとなく”調子が悪い。

 

絶好調の日が、月に5日しかない。

 

そんなことが「当たり前」と感じているのであれば、危険な状態です。

 

年をとることによって「調子が悪い」と感じる日が増えるのは
確かに当然のこと・常識的なことになります。

 

いつまでも若い頃と同じ、というわけにはいきません。

 

しかし、「年をとる=健康でなくなる」という単純なことでもないものです。

 

年をとっても、健康でいることはできます。

 

確かに、加齢が「健康に対するリスク要因」の1つであることは確かなことです。

 

だからこそ<リスクを抑える>ことが、できるだけ長く健康でいるために大切なことと言えます。

 

加齢によって、あらゆる器官・臓器が劣化を始めますが
人によって、最初に”悲鳴をあげる”場所が違います。

 

血圧であったり、血管であったり、腎臓であったりと
”最初に”リスク要因が発生する場所に個人差があります。

 

これらは、その人が過ごしてきた人生における「生活習慣」が大きく影響を与えています。

 

そして生活習慣病を中心とした、中高年の健康問題にとって最も恐ろしいことが合併症なのです。

 

1つのトラブルが別のトラブルを呼び連鎖していく

 

この合併症が最も恐ろしい生活習慣病の特徴であり
その結果、なし崩し的に「満身創痍」の状態へと陥ります。

 

ちょっとした不調を放っておくことによって、最終的に「不自由な生活」に近づきます。

 

年をとることは誰もが避けることが出来ない問題ですが
自分の体内の中の、リスク要因を少しでも早く見つけ
少しでも早く対策・改善のために働きかけることが大切になります。

 

「中高年で発症する健康リスク」は、何よりも予防が大切になります。

 

今からできることは、<これから先の健康リスクを抑える>ことしかありません。

 

できるだけ早い、行動を心がけていきましょう。

page top